店舗改装を行う際に知っておきたい重要なポイントと注意点を紹介します!

店舗改装をしても、売り上げが倍になるということはまずありません。
やはり店舗という者は魅力的な商品やサービスが前提で、そので働くスタッフなどがその魅力を最大化出来ることが売り上げ貢献につながります。
もし集客が減っていると感じた場合は、まずはこれらの点を確認することが大前提でお店の雰囲気が悪いからといってすぐに内装をよくするなどのリノベーション二着するというのは危険なのです。
その理由について紹介していきましょう。

店舗改装を行う際に知っておきたい重要なポイントと注意点を紹介します!

店舗改装はどちらかというと、守りの姿勢に属します。
たとえば光熱費がコストパフォーマンスの悪い機材を使っているなら取り換えるということや、顧客から不便だという指摘があった部分を良くして不満を解消するなどのほうが効果が高いのです。
専門業者に相談すると向こうも売りたい気持ちが強いため、その前に考えるということがポイントにあります。
店舗改装にあたっては、利用者から複数の意見が出て実際にそれとなく聞き込みをするなどすると良いでしょう。

店舗改装をする際には工事が必要となる

設備の老朽化や売り上げの低迷。
これらを打開するためには、店舗改装が必要となります。
近年はDIYが流行っているとは言え、料理設備や水回りを整えるためには工事が必要です。
集客力アップのためか、設備の最新化のためか目的は明確にしておきましょう。
店舗改装を実際に行うと決めたあとは施工先業者を決める必要があります。
ここでも最低限な知識をそろえておくことが大切です。
選ぶ時間が長くなるとあせってしまいますが、良い工事をするには施工会社選びが欠かせません。
店舗改装後のイメージは、業者選びにそのまま繋がります。
予算に余裕がありデザイン性を高めたいならデザイン設計社、リニューアルした場所が部分的であるなら内装業者です。
もちろん設計から全てを請け負う会社も存在します。
出来れば業者を探す際には、店舗改修の実績例の画像を見せてもらいましょう。
業者には得意な分野があります。
その特分野とニーズがマッチしていれば最高の店舗改装が出来るのです。

店舗改装に役立つ補助金を一挙紹介

店舗改装で利用できる補助金・控除を理解しておくと、回想時に予算をある程度使用して納得できる品質の海藻を実現できます。
小規模事業者持続科補助金の場合、個人事業主の店舗などでも利用できるのが特徴です。
規定人数は業者により異なるため、事前に自社の業種が該当しているか、従業員数と合致しているか確認しておくことが必要といえます。
真性は自治体の役所ではなく、商工会議所などへ行くことになるため注意しましょう。
静岡県の場合には独自に設けている制度があるため、効率よく活用して改装に充てることで、資金計画を適切に立てることが可能です。
ただし、他の制度と重複して申請できないため注意が必要といえます。
2020年以降の市場経済が変化したことによって中小企業が打撃を受けたことを救済するための制度も存在していますが、対象となっている分野を確認することや、中小企業のうち従業員数が51人以上の企業も対象となっているところが特徴です。
業務改善助成金など多様な制度があるため、上手に活用することで満足できる店舗改装につながる可能性が高いといわれています。

店舗改装の際の気を付けるポイントとは

どのような業種のお店も10年以上営業を続けると、店内の設備が劣化していき様々な不具合が発生するようになります。
例えば壁紙が色あせしてしまうと、飲食店の場合不潔な印象を与えてしまう可能性があるので、お客様が安心して利用できる店舗を維持しスタッフが働きやすい環境を作るためにも、店舗改装を行うことが重要です。
そこで店舗改装は一般的に補修や設備の入れ替えを行ったり、店舗デザインの変更やフルリニューアル、業態の変更など様々な方法がありますが、店舗改装の際の気をつけるポイントとして店舗の現状の把握と分析を行うことにあります。
現状売り上げと客数が十分に足りていると判断するなら、外観・内部は大きな変更をしてしまうとかえって集客を減らす原因につながります。
そのため大きな変更はせずに老朽化している設備の交換や補修だけを行うことが重要です。
利益が十分ではないと判断するなら、以前のような状態に戻るのか考え現在の業態が時代遅れなら変更を行う、内装の雰囲気を変えてリニューアルするなど、分析を行った上で改装の方針を決めるようにしましょう。

店舗改装を行う際のスケジュールとは

営業活動の円滑化や活発化を促す目的で店舗改装を実現する為には多くの時間を費やす覚悟が必要です。
その時間内で行われるのは、業者の選定・選定業者との打ち合わせ・改装イメージの具現化・見積もり・契約・着工・完工・引き渡し、という流れに沿った作業です。
業者の選定に関しては、設計と工事を同じ業者に任せるのか別々の業者に任せるのかで日程調整が大きく変わって来ますので、あらゆる選択肢を検討した上で問い合わせや打ち合わせを重ねる必要があります。
出来るだけ工期を短く済ませたい場合、基本的には設計と工事の両方を任せられる業者に依頼するのが最善策と言えますが、条件面で折り合わない可能性は十分にあり得ますので、別々の業者に依頼するという選択肢も残しておくことを忘れてはいけません。
このようなことから、契約前の各作業工程で妥協を許さないことが店舗改装の成功に繋がりますし、何よりも業者間のトラブルを回避する上で避けては通れないという認識を強く持たなければなりません。

店舗改装に関する情報サイト
店舗改装の基礎知識

店舗改装をしても、売り上げが倍になるということはまずありません。やはり店舗という者は魅力的な商品やサービスが前提で、そので働くスタッフなどがその魅力を最大化出来ることが売り上げ貢献につながります。もし集客が減っていると感じた場合は、まずはこれらの点を確認することが大前提でお店の雰囲気が悪いからといってすぐに内装をよくするなどのリノベーション二着するというのは危険なのです。その理由について紹介していきましょう。

Search